ED治療薬レビトラ

ED治療薬レビトラ/早く効きはじめ、効果が長く持続します

ED治療薬レビトラ

ED治療薬レビトラは、知名度ではNO1の「バイアグラ」に次いで発売された薬です。

 

ED治療薬レビトラはドイツ・バイエル社と英国グラクソ・スミスクライン社で共同開発されたED治療薬で,日本では、2004年に認可されています。

 

バイアグラの鮮烈なデビューの後なので、今一つ影が薄い部分はありますが、バイアグラに足りない部分を補って余りがあるすばらしいED治療薬なんです。

 

ED治療薬レビトラのすばらしい点の一つは、「即効性」と「持続時間」でしょう。

 

バイアグラは飲んでから30分以上しないと効果が現れませんが、レビトラはなんと早い方ですと15分位で効果が表れてきます。

 

 

効果の持続時間も、バイアグラが5時間程度に比べて、ED治療薬レビトラは8時間の効果があります。

 

わずか3時間の違いですが、この差は「余裕の差」になり、EDの原因の一つである「あせり」を感じなくてすみます。

 

ED治療薬レビトラのすばらしさの二つ目は「食事の影響が少ない」事です。

 

バイアグラは食事をしてから飲むと、効果がほとんどありませんが、ED治療薬レビトラはよほど脂っこい料理でない限り効果に影響はほとんどありません。

 

食事に影響が無いということは、パートナーとゆっくり食事を楽しんで雰囲気が良くなってからベッドインできるので、セックスにもスムーズに入っていけますよね。

 

とかくED治療薬と言えば「バイアグラ」と、バカの一つ覚えのように言われますが、このサイトで紹介する「レビトラ」や「シアリス」など、バイアグラを凌ぐED治療薬があるんです。

 

余りにも父親が偉大だと、優秀な息子でも影が薄く感じられるのと同じように、偉大なバイアグラの陰に隠れているのかもしれませんが、「父親越え」の所もたくさん持っているので、これからが楽しみといったところでしょうか。

 

ED治療薬も3種類あり、それぞれ特徴が違っているので、一つに決めるのではなく自分のライフスタイルによって使い分けるのが賢い方法ではないでしょうか。

 

ED治療薬の中で最も即効性のあるレビトラの事をもっと詳しく知りたい方は次のページ以降をご覧ください。

ED治療薬レビトラ効果

ED治療薬レビトラは、バイアグラの効果と同じく、陰茎海綿体にあるPDE-5 という酵素の働きを抑えるものです。

 

勃起の原理は、性的刺激・興奮を受けることで一酸化窒素が放出され、陰部の細胞内に血管を拡張させる物質が増えることで起きるんです。

 

そして、放出された物質をPDE5という酵素が壊すことで海綿体の血管が収縮して勃起が治まります。

 

ED治療薬レビトラは勃起を持続させるのに必要な物質を壊すPDE5を阻害(抑制)する作用があるため勃起補助の効果があるんですね。

 

 

要するに、勃起を妨げるPDE5を抑えることで、スムーズに勃起できるようにする効果があるわけなんです。

 

 

ED治療薬レビトラは効き目が早いので有名です。

 

早い人ですと15分で勃起します。遅くても30分あれば十分に勃起状態にまで持っていけます。

 

ED治療薬レビトラは、日本では、5mg、10mg、20mgが販売されていますが、5mgに関しては、実際に使用されることはなく10mgの販売許可を日本で取るためにどうしても必要だったと言われています。

 

実際に病院でも10mgと20mgしか扱っていません。

 

また、勃起効果の持続時間もバイアグラに比べて、8時間と約倍の効果が期待できます。

 

ED治療薬レビトラは食事に影響されないと言われていますが、やはり空腹時に飲んだ方が、強い効果を得ることができます。

 

ED治療薬レビトラは10mgでもよく効きますが、 高容量レビトラ20mgは より早く強く効くので、より確実な効果が期待できます。

 

20mgの発売(07年7月)以来、20mgはよく効くと反響も高く、 従来あったレビトラ 10mgからシフトするリピーターの方が増えているようです。
特に20mgの「早く強く効く」というのが日本人の気質とニーズにとてもあっているようで、 国内でも20mgでの使用が主流になってきました。

 

しかし、最初にED治療薬レビトラを使用する場合は10mgから始めて下さい。

 

 

20mgをピルカッターで半分にするのが賢い方法です。

 

最初から20mgを使用すると、身体が20mgに慣れてしまい、10mgでも十分効果があったかもしれない可能性を潰してしまいますから。

 

PDE5阻害薬の中で即効性に優れたレビトラの事をさらに詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

ED治療薬レビトラ通販

ED治療薬レビトラを初めて使用する場合は、一度クリニックを受診することをお薦めします。

 

多少お金が掛かったり、少し恥ずかしい思いをするかもしれませんが、本当にEDなのか確認する意味でも、医師に問診などをしてもらった方が良いと思いますね。

 

ストレスなどが原因で勃起不全になっている可能性もありますし、心因性のものであればその治療法のアドバイスももらえますから。

 

 

最近では男性スタッフのみのクリニックもあるようなので、あまり恥ずかしい思いはしないで済みそうです。

 

結果、医師からED治療薬の処方箋が出て、他の薬との飲み合わせの心配等が無ければ、インターネット通販を利用して購入する方法が便利です。

 

ただ、ED治療薬は海外からの輸入品が多いため「個人輸入」と言う形になります。

 

※個人輸入について

 

その場合、手続きが煩雑ですし、輸入先とのトラブル場発生した時慣れない言葉で交渉しなければならなくなります。

 

なので、一般的に「個人輸入代行業者」を通して購入する方法になります。

 

ここで気を付けなければならないのが、ネット上の業者の中に「ニセモノ」を扱う悪徳業者がたくさん存在するということです。

 

 

ある製薬会社の調査によると、ネット上で取引される薬の60%近くは「ニセモノ」との結果もあるくらいです。

 

一般的にそのような悪徳業者は、極端に安い値段を提示していたり、電話帳に会社の記載が無かったり、クレジット取引が出来なかったりなどの特徴があります。

 

ちなみに、ここのサイトで紹介している業者に関しては、「正規品」のみの扱いですので、安心して購入できます。

 

ネット上にあふれている偽造品のED治療薬に注意しながらもっとレビトラを詳しく知りたい方はこちらからお入りください

 

ED治療薬レビトラ飲み方

ED治療薬レビトラの効果を最大限に発揮させるためには、「飲み方」が大変重要になってきます。

 

レビトラを飲んでも効果を実感できない方の80%以上は、「空腹時に服用していない」事が原因です。

 

なぜ空腹時に服用すると効果が有るかと言いますと、胃の中に食物が入っていない状態でレビトラを飲むと、胃の毛細血管にレビトラの成分であるクエン酸シルデナフィルが素早く吸収されるからです。

 

胃の中に食物が入った状態でレビトラを飲むと、胃の内側に食物による脂分などで膜が出来てしまい、クエン酸シルデナフィルの吸収を邪魔してしまうからなんです。

 

特に脂分の多い食事をした場合は、胃の内部に出来る膜が強力なので、効果が表れるまでにかなりの時間を費やしてしまいます。

 

よく悪酔いしないために、お酒を飲む前に牛乳などを飲んで胃に膜を作っておくと効果があるなどと言われていますが、その根拠も胃に出来た牛乳の脂分の膜でアルコールの吸収を妨げる事なんですね。

 

この事を頭に入れておいて、最も効果的なレビトラの飲み方を説明しますと、完全に胃の中に食物が無い状態(食事をしてから最低2時間以上経過)でレビトラを飲んで、レビトラが胃の毛細血管に完全に吸収されてから(服用後30分以上経過)ベッドインすることです。

 

レビトラが最も効果を表すのが、服用後1時間から2時間なので、効果時間が5時間あるからと言ってのんびり構えていると、「タイムアウト」になりかねません。

 

かと言って、空腹時にセックスするのが嫌だと言う方は、胃を空にしてレビトラを服用した後、30分以上経過してレビトラが完全に吸収されてから食事をして、時間を見ながら最も効果が表れるタイミングでベッドインする事です。

 

パートナーがいる事なので、なかなか計画通りにはいかないかもしれませんが、くれぐれも食事をしてからすぐレビトラを飲むのは避けて下さい。

 

レビトラのメリットとして「食事の制限を受けない」と言う言い方がありますが、あくまでも「空腹時に服用」が大原則であることを忘れないでください。

 

こまかく言えば、食事の種類も脂っこい中華などは避けて、和食などの脂分が少ないものを選んで下さい。

 

空腹時に飲むことを心がけて最高の効果を発揮させるレビトラの詳細はこちらをご覧ください

ED治療薬レビトラ・インド

レビトラは特許期限が満了していないため、日本国内で購入する事は出来ません。

 

クリニックを受診して、医師に処方箋を書いてもらい薬局から購入するしかないんです。

 

しかし、インド製のレビトラジェネリックをインターネット上から購入する事は可能なんです。

 

なぜインドは、特許期限が残っているレビトラのジェネリックを製造することが出来るんでしょうか?

 

それには、インドの特殊な特許制度があるんです。

 

「1970 年特許法」と呼ばれていますが、インドでは1970 年から2004年まで、医薬品を含む食品・化学品などに対し「物質特許」を一切認めず、「製法特許」制度を採用していたんです。

 

同時に、新規の製法に与えられる「製法特許」の存続期間を7 年としました。

 

このことによって、異なった製造方法で効果の同じ安い医薬品を製造することができました。

 

特許使用料を払わずに、欧米先進国の医薬品メーカーが開発した新薬をジェネリック薬として合法的に生産することができたんです。

 

その後、2005年にWTOからTRIPS 協定を完全に遵守することが義務づけられましたが、インドに新薬の特許を申請しても審査が厳しく、特許を認められるのが極めて難しい状況なんです。

 

また、インド製のジェネリック薬は「国境なき医師団」などで、使用する医薬品の80%以上を占めており、発展途上国の医療に欠かせないものになっているんですね。

 

また、インド国内には医薬品製造にかかわる企業が2万社以上もあり、品質面でも優れているんです。

 

それに伴い、化学を学ぶ優秀な学生数の多さなど、人材面での優位性も高くなっています。

 

インド製のジェネリック薬は「安かろう悪かろう」ではない事も、世界中から支持を集めている理由なんです。

 

安全で品質の確かなインド製のレビトラをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい


ホーム RSS購読 サイトマップ